トップページ > 企業コンセプト

企業コンセプト

イナバ産業の信頼ある生産体制・高精度製品は、
環境創造と精神創造の日常的な努力の結果なのです。

イナバ企業コンセプト

アナログからデジタルへ。

めまぐるしく変化する時代環境において、つねに次代を見据えて柔軟な思考力を発揮する研究・開発。
そして、そこに築き上げられた類稀なる高度な技術力と生産力。
イナバ産業が信頼されるモノづくりを続けていくバックグランドには、絶えず新たな改革へと突き進む“無限の躍動”があります。
それは、循環しながら高次元を目指す無限の生産システムであり、また無限の成長を標榜する企業ビィジョンの象徴的なキーワードでもあります。
イナバ産業は、これからもハイレスポンス、ハイクォリティ、ローコストを目指し、「躍動」し続けます。

最良の維持。

望ましいレベルで完成した製品をも、Why?の視点で厳格にチェック。
最良・最高の原点は、つねに、Why?から始まるイナバ産業の企業姿勢があるからなのです。

多品種少量生産・生産即納体制など、独自のシステムワークで幅広いユーザーのリクエストに即応。

オーナーシェフ 横峰 公孝
価値観の多様化・ニーズの多彩化の中で、最も求められるのは “必要なモノを必要な時に必要な量”をいかに提供できるかという、 システムワークです。イナバ産業では特にその点を重視し、高度な技術力を存分に発揮できる多品種少量生産を展開。 また、QCD(QUALITY,COST,DELIVERY)に基づき、当社独自の 「生産即納体制」を確立し、スピーディーに納品するという このシステムを展開。幅広いユーザーニーズに的確な対応を図っています。 さらに、一貫した生産ラインで納得のいく製品づくりを推進。 品質保証部と、そしてそれを背後で支える在庫管理と生産管理。 この循環機動力をシステムワークの核として邁進し続けています。